2月14日のバレンタインは、それぞれ思い出に残る一日となったことと思います。私はバレンタインは、チョコと、お財布をいただきました。新しいお財布で、心機一転頑張っていこうと思います。

レノボ・ジャパンでは2月16日(木)までの期間限定で《決算利益還元祭》を実施中です。Lenovo Web 広告限定ストアをうまく活用して気なるパソコンをぜひ選んでいただきたいと思います。

▼注目商品
(1)《12%OFF+価格変更》ThinkPad X/Tシリーズがさらに手軽に!
<ThinkPad / ThinkCentre 12%OFFの広告限定クーポン>

スペック変更で価格が下がった12.5型モバイルPC ThinkPad X220i
《12%OFF》の広告限定クーポン適用で、なんと《83,530円台》

■「ThinkPad X220i」 -エントリーパッケージ


CPU:インテル Core i3-2350M プロセッサー (2.30GHz)
OS:Windows 7 Home Premium 64 正規版
ディスプレイ:12.5型HD液晶 (1,366×768 200nit LEDバックライト)
RAM:2GB PC3-10600 DDR3 (1スロット使用)
HDD:320GB (5,400rpm)
ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)
——————————
キャンペーン価格 :¥ 94,920-

Lenovo Web 広告限定ストア適用で12%OFF★
——————————–
クーポン適用価格 :¥ 83,530-

モバイルパソコンとしてハイパフォーマンスを可能にしたThinkPad X220キーボード操作も、バッテリーについても6セルバッテリー搭載時に、約8.9時間のバッテリー駆動時間を実現で外出先でのバッテリー切れということはある程度防げそうです。さらに9セルバッテリーに6セル外付けスリム・バッテリーを同時に搭載する事で、最大約22.4時間、これで1日中バッテリーでの作業を可能にしています。まる一日使い続けるという環境は、私の中では今のところないので、8.9時間駆動可能な6セルで、いいかなと思います。でも万が一という緊急にも対応できるバッテリー環境を用意するのも安心して使える魅力になりそうです。携帯性ということで、基本的な重量は、標準で、1.4㌔です。
カスタマイズすることは、予算や使い道等、可能な限り検討するのがいいですね。また、広告限定クーポンを利用することをお忘れなく!!
期間限定なので、購入タイミングには注意が必要です。

ちなみに
エントリーパッケージでカスタマイズを考えた際、 Core i3-2350M プロセッサー を Core i5-2450M プロセッサー にするには、+7350円で現在カスタマイズできます。ディスプレイをWEBカメラ内蔵にしたいとすると、+7350円で、出来ます。ハードデスクを変えるなら私は、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)にしたいなと考えています。その場合例えば、128GB SSDへカスタマイズすると、+15750円で出来ます。今なら、アップグレードキャンペーン中ですので、この値段でカスタマイズできます。気になる、バッテリーですが、通常4セルバッテリーが標準となっているようです。それを6セルや、9セルとカスタマイズすると、いくらくらいになるかですが。。。6セルへは、2415円。9セルなら、6615円をプラスすると可能です。便利なBluetoothを使いたいなら、+1470円で、Bluetooth3.0が使えます。
オフィスソフトをいつも使用しているので、それも必要なら、Microsoft Office Personal 2010だと、+21000円です。でも、Microsoft のものでなくてもよければ、なしにして後から購入してという形にも選択できます。カスタマイズすることで、自分の使いやすいようにパソコンをバージョンアップできるのもいいところです。もちろん、予算というのもあるので、いろいろ検討してみるのもいいと思います。

Microsoftのオフィスを使っていて、今回のようにソフトを後で購入しようという方はキングソフトが、おすすめのソフトの一つです。互換性もバッチリ大丈夫だということです。画面もほとんど変わらないくらい操作面でも違和感ないです。心配な方は、無料で試せる無料ダウンロードもあります。30日間使うことが出来るので、じっくり使いこなして検討するというのもいと思います。

キングソフトオフィス2012

スポンサーリンク