モニター画面によって変わる画像の美しさを、バランスのとれた性能、品質、コストパフォーマンスに置き換え、モニターブランドとして確立している「iiyama」についてイベントで勉強したので、ご紹介したいと思います。

量販店などでよくモニターが飾られているところに行くと、iyamaの文字の書かれたモニターを何気なく見ていました。あまり、モニターだけを見に行くということがないのですが、パソコンを使う際、特にデデスクトップパソコンには、セットになって販売されています。iiyamaのモニターは、BTOパソコンとのコラボが多いのかな?と何気なくですが、頭の片隅にありました。前置きはこのへんで終わります。

1973年より38年続くモニターブランドであり、品質管理はISO9001品質マネジメントに基づく品質管理体制で生産されています。ISOに取り組まれえいることも今回知りました。取得にはかなり高いハードルがあると、聞いてますので、モニターブランドとしての意気込みが伝わりました。また、環境に配慮していることも、ISO14001環境マネジメント取得しているので、とても信頼性が高いなと感じました。この会社が目指しているもの作り、量販店で安いモニターブランドというだけのイメージが、実はこれだけの高いレベルで開発していることに対して、敬意を表したくなります。しかし、他の会社も立派なところが多いと思います。しっかり伝えられるか、心配ですが、勉強してきたことを記事にしていきたいと思います。

ProLite X2775HDS-Bのモニターです。広視野角VA方式パネルを採用しているモニターです。27型。


ProLIteXB2472HD-B モニターです。環境に優しいホワイトLEDバックライトを搭載しているモニターです。24型。このモニター、私にとって新鮮なものでした。何といっても、モニターの高さを調節するだけではなく、くるっと画面の向きを縦に横に変えられるところです。自由自在に高さや、角度を調整できるという発想は私にはなかったので新鮮でした。最大130mmの高さ調節、最大25度のチルト調節、縦横90度回転、画面の向きを90度左右45度動かすことが可能です。


モニターの裏側は、こんな感じです。

iiyama液晶セットパソコンは、やっぱりお得です。カスタマイズ性の高いマウスコンピューターとのセットは、ピッタリな相性です。

VA方式という言葉が出ましたが、VAとは、Vertically Alignedの略名です。動画に強く黒が締まる感じのモニターです。用途はゲームや映画など楽しむのに適しています。

広視野角VA方式の採用することでよいところは、画像表現に色村がない緻密な締まった画像表現が出来るところだそうです。確かにはっきりした画像です。どの角度から見ても、安定し色表示が出来るようになったところです。

ホワイトLEDバックライトを搭載することによりいいところ、消費電力が大幅に削減できるところや、今熱の発生も少ないので室温が上昇する夏においても快適に過ごすことが出来るようになったところかなと思います。環境に配慮されたモニターとなっているのがいいです。

iiyamaのモニター2つを実際見て思ったのは、パソコン選びにこういう選択肢が増えたことはいいことだなと感じました。

スポンサーリンク