エプソンダイレクトで、「Sandy Bridge-E」に対応し、インテル X79 Express チップセットを採用した
Endeavor史上最速の新フラッグシップタワーPC【Endeavor Pro7500】いよいよ受注開始です!!

基┃本┃構┃成┃価┃格┃  214,620円(税込)から

『Endeavor Pro7500の特長は?』
↓ ↓ ↓ ↓
◆ インテル Core i7-3960X プロセッサー Extreme Edition 搭載可能!
◆ 64bit OSで4チャネル(PC3-12800)対応可能。
最大搭載メモリーはなんと、32GB!
◆「SATA3.0」「USB3.0」を標準搭載し、SATA3.0 SSDによるRAID0も構築可能!
◆ 1000W電源搭載で豊富なBTOに対応♪

Endeavor Pro7500

インテルの最上位CPU搭載とあって、今後注目される機種です。値段が高価ですが、値段以上の根稲生を持ち合わせているので、結構注目しています。

マウスコンピューターでも、すでに販売されているSandy Bridge-E搭載の機種と、比較してみるのもいいと思います。
【Sandy Bridge-E搭載】MDV-ADVANCE


こちらが、マウスコンピューターのMDV-AGG9310X2
インテル Core i7-3960X プロセッサー エクストリーム・エディション (3.30GHz)/DDR3 16GBメモリ/1TB HDD/ブルーレイディスクドライブ/NVIDIA GeForce GTX580/Windows 7 Home Premium 64bit 正規版インストール済 ※ディスプレイは、別売りです。

どちらもBTOパソコンとして、いろいろカスタマイズできるので、とても使いやすくなるパソコンです。長く使いたい私にとって魅力的です。

スポンサーリンク